バストアップに効果的なレシピ(豆乳鍋)

s_%e7%99%bd%e8%8f%9c%e8%b1%86%e8%85%90img_2515

豆乳は女性ホルモンの一つであるエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンが豊富に含まれており、適量を定期的に摂取することで、バストアップに効果があると言われています。でも、豆乳だけを飲み続けるとすぐに飽きてしまうことから、料理にして豆乳を摂ることをオススメします。豆乳を使った料理はたくさんありますが、今回は誰でも簡単にできる「豆乳鍋」のレシピをご紹介します。また、鍋にすることで自分が食べやすい味に変えることができるので、豆乳の味自体が苦手という方にも一度試して頂きたいレシピです。

豆乳がバストアップに効果的な理由

豆乳がバストアップに効果的だと言われている理由は、豆乳に含まれる大豆イソフラボンという成分が、体内で女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするからです。エストロゲンは卵胞ホルモンと呼ばれる卵巣から分泌される雌性ホルモンで、女性の妊娠や出産などの生殖機能やボディライン・肌など、美容面にも大きな影響を与えます。

エストロゲンの働き

・基礎体温を低くする
・卵胞の成長を助け、受精卵が着床しやすくするために内膜を厚くする
・骨を丈夫にしてくれる
・自律神経を整える
・女性らしい丸みを帯びた身体にする
・髪や肌つやを良くしてくれる
・乳腺組織の発達を助ける

乳腺組織が発達すると乳腺を守るために周りの脂肪組織も増え、おっぱいの脂肪自体が増えることになるので、バストアップします。
そのため、エストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボンを摂ることによって、乳腺組織が発達し、バストアップが叶うのです。

しかしながら、大豆イソフラボンはエストロゲンに似た働きをするからこそ、過剰摂取には注意です。豆腐や大豆にも大豆イソフラボンは含まれており、日常的に食事で摂取することが多いので、豆乳は一日にコップ一杯ほどが適量と言われています。また、豆乳イソフラボンから受ける影響は個人差がありますので、生理周期が乱れたり、不正出血があったりなど身体に不調を感じた場合は、摂取を止めるか量を減らすなどの調節をして下さいね。

豆乳鍋のレシピ

材料(2人分)

s_%e7%99%bd%e8%8f%9c%e8%b1%86%e8%85%90img_2515

(スープ)

豆乳 300ml
500ml
料理酒 50ml
鶏ガラスープの素 大さじ1
小さじ0.5

(具材)

鶏肉 500g
白菜 2分の1
長ネギ 1本
エノキだけ 1袋
豆腐 一丁

その他の具材はお好みで!

作り方

①スープの材料を鍋に入れて加熱する
s_%e8%b1%86%e4%b9%b3img_2514
②具材を切って沸騰直前の①に入れる
s_%e6%9d%90%e6%96%99%e6%8a%95%e5%85%a5img_2517
③具材に火が通ったら出来上がり
s_%e5%ae%8c%e6%88%90img_2518

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)