荒れやすい唇を潤いたっぷりぷるるんリップにする

pururun-lips

潤いたっぷりの唇はとても魅力的ですよね。唇は顔の印象を左右する重要なパーツで、水分をたっぷり含んだようなぷるるんリップは健康的で若々しい印象を与えてくれます。その反面、唇はとても荒れやすく、皮がボロボロとめくれてきてしまうことも。唇の皮はとても薄く敏感なため、体調や季節などによってすぐに荒れてしまいます。今回は、荒れやすい唇の簡単にできる荒れ防止策と、潤いたっぷりぷるるんリップにする方法についてご紹介します。

唇の荒れ防止のためにできること

唇が荒れるさまざまな理由

唇はほかの皮膚と違って、口内の粘膜が延長された部分です。そのため皮膚に守られておらず、とても刺激に弱く、すぐに荒れてしまうのです。唇が荒れる理由はさまざまありますが、代表的な理由をまとめてみました。

①使用しているリップクリームが合わない

リップクリームを変えたら唇の調子がよくなった(悪くなった)ことはありませんか?リップクリームには多くの種類があり、人によって合う合わないがありますので、日常的に唇が荒れている場合は一度リップクリームを見直してみてもいいかもしれません。

②紫外線による刺激

唇は大変日焼けしやすい場所で、そのほかの皮膚と同じく、紫外線対策が必要です。リップクリームを購入する際はSPFなどもチェックしてみてくださいね。

③体内の不調

体の不調が唇にあらわれることも多く、筆者の場合は胃が弱ると唇が荒れがちです。体の健康を保つために規則正しい生活とバランスのよい食事を心がけましょう。また、ストレスが溜まると唇に出るという方もいるので、自分なりのリラックス方法を見つけて、十分な睡眠をとることもお忘れなく。

口紅、ちゃんと落としてる?

クレンジング、ちゃんとしていますか?口紅が残っているとその刺激で唇が荒れてしまうだけでなく、色素沈着が起こって唇にくすんだ色が定着してしまいます。せっかく潤っていても、血色の悪いくすんだ唇は魅力が半減。口紅やリップグロスを塗った日は、クレンジングが必須です。

唇は保湿が命

正しいリップクリームの塗り方とは?

荒れ防止にも、潤いたっぷりの唇になるためにも、唇を保湿することが一番大切です。そのために使うのがリップクリームなのですが、実はほとんどの方が正しいリップクリームの塗り方ができていません。リップクリームを塗るとき、横にスライドして塗っていませんか?

リップクリームは、唇の縦ジワに沿って塗るのが正解なんです。横ではなく、縦に塗るよう心がけましょう。また、一度リップクリームを塗ったらできるだけ舐めないようにしましょう。必要以上に舐めてしまうとすぐにリップクリームが落ちてしまい、乾燥の原因になります。

定期的に唇パック

たまに、唇パックを取り入れると唇の潤いがキープできます。唇パックの方法は、とっても簡単です。リップクリームをいつもより多めに塗り込んだあとに、ラップで覆うだけ。3分もしないうちにしっとり、うるうるな唇になれます。

ハチミツも唇の保湿には効果的ですので、リップクリームの代わりにハチミツを使ってみてもいいですね。もしハチミツだけだとべトつきが気になるという方はワセリンを混ぜてから唇に塗ってみてくださいね。パック後はもっちりとした唇になれているはずです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す