妊娠中だからこそナイトブラを着けましょう!

you86_ninpusan_tp_v

妊娠するとホルモンの影響を受け、おっぱいに張りを感じたりかゆみを感じ始めます。その後妊娠週数が増えるにつれ、産後の授乳に備えておっぱいのサイズがアップしていきます。そのため普段着けている下着は合わなくなり、つわりで気分が悪くなるとブラジャーの締め付けがいつもより窮屈に感じることもあります。

約10カ月と長い妊娠期間中のおっぱいケアはどうすればよいのでしょうか。今回は妊娠中にナイトブラを着けたほうがいいのかどうかについて説明していきます。

妊娠中でもブラジャーは着けましょう!

妊娠中はつわりで体調がすぐれない日が続き、ボディケアは後回しになります。おっぱいの大きさや形をキープするためにしていたブラジャーでの補正やエクササイズなども妊娠中はできなくなることも多いです。

もちろん妊娠中はお腹の赤ちゃんと健康に過ごすことが一番大切なのですが、そのまま何もしないと徐々におっぱいは崩れ始め、産後に元に戻すのがとても大変になります。そうならないためにもできる範囲でケアを続ける必要があるのです。

おっぱいは柔らかくて崩れやすく横になると背中側に落ちてしまいます。それをそのままにすると本来おっぱいであった脂肪が背中や二の腕の肉に変わってしまうのです。おっぱいが小さくなって、代わりに背中や二の腕に肉が付くなんて悪いことだらけですよね。

いつものブラジャー代わりにナイトブラを着けるのもオススメ

妊娠してつわりが始まると身体のあちこちに不調を感じ過敏になりやすく、ブラジャーの締め付けがいつもよりも気持ち悪いと感じる人が多いようです。そのため、普段着けているワイヤー入りのブラジャーを着けられず、ノーブラで過ごしたりカップ付きキャミソール・授乳用ブラジャーを着けるようになります。

おっぱいの寄せ上げ効果などの補正機能が一番充実しているのはワイヤー入りのブラジャーですが、そのブラジャーを着けることによって、体の具合が悪くなっては元も子もなく、長い時間着け続けることができません。かと言って、何も着けなかったり補正効果の低いカップつきキャミソールなどで過ごすとおっぱいの肉が流失してしまい、どんどんおっぱいが小さくなったり形が悪くなったりします。

そこで、本来夜に着けるナイトブラをいつものワイヤー入りブラジャーの代わりに日中着けることをオススメします。ナイトブラは睡眠を妨げることがないように、胸囲の締め付けが弱く長時間着け続けていても不快感を感じることのないように作られているので、ブラジャーを着けるのが窮屈に感じる妊娠中にもピッタリですよ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)