【ナイトブラの使い方】ナイトブラを着けても効果が出ないという方へ

measure-1897778_1280

バストアップしたい!おっぱいをキレイな形にしたい!など、理想のおっぱいに近づくため、夜にできることの代表例は「ナイトブラの着用」ですよね。

でも、ナイトブラを着けているのに効果が出ない・変化がないと悩んでいる人はいませんか?せっかくナイトブラを着けているのに間違った使い方をすると効果が現れないことがよくあります。具体的には何が間違っていて、どのように改善すればよいのでしょうか?

ナイトブラのサイズが合っていない

小さいサイズを選んでいる

ナイトブラは昼間に着けるブラジャーと比べると、睡眠を邪魔しないために締めつけ過ぎない工夫がされており、どうしてもゆるく感じることも。寄せ上げ効果を期待してあえてキツめのサイズを選んでいるということはありませんか?

本来のサイズよりも小さいものを着用すると、身体への締めつけで血行が悪くなります。血行が悪くなると、バストアップに必要不可欠である乳腺の発達とその周りの脂肪のキープに必要な女性ホルモンや栄養素がおっぱいに運ばれなくなります。それが続くとバストアップどころか、サイズダウンしてしまうことも。

また、身体を長時間締めつけていることからくるストレスも、正常なホルモン分泌の妨げとなるため、ナイトブラは小さいものではなく自分に合ったサイズを着用しましょう。

大きいサイズを選んでいる

逆に締めつけが苦手な人は睡眠を邪魔しないようにと大きいサイズを選んでしまうことがありますが、これもナイトブラの効果を薄めてしまいます。

ナイトブラはおっぱい周辺のお肉が背中や二の腕に流れてしまわないような形となっており、適度なホールド力を保ちながらも締めつけ過ぎないように作られています。大きめのサイズを選んでしまうと、締めつけを感じることは減りますが、同じくホールド力も減ってしまい、期待している効果が得られません。

なりたい理想のおっぱいは?

ナイトブラにはバストアップ効果が期待できるものや、おっぱいの高さをキープしてくれるものなど、さまざまな種類があります。

とにかく大きくなりたい!や、谷間をつくる!など、理想とするおっぱいは人それぞれですよね。そのため、自分がなりたいおっぱいに合わせたナイトブラを選ばないと、理想に近づくことができないため、効果が実感できにくくなります。

育乳タイプと美乳タイプ

ナイトブラは大まかに分けて、背中や二の腕のお肉をおっぱいに持ってくる効果が期待できる「育乳」タイプと、離れたバストのお肉を真ん中に集めて谷間を作ったり、バストの高さをキープする効果がある「美乳」タイプのものがあります。

自分がなりたい理想のおっぱいをよくイメージして、なりたいおっぱいに近づけるタイプのナイトブラを選ぶと、ナイトブラを着けていて良かった!と思える効果が得られるでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)