実はよく見られてる!うなじのスキンケアについて

nape-skin-care

髪をアップするとちらりと見えるうなじは、ちょうど人の目線と同じくらいの高さなので他人からは目につきやすく、男性からの人気が高い場所でもあります。

逆に、うなじにニキビや吹き出物があったり、毛がびっしり生えていると不潔な印象をもたれ、イメージは大きくダウンしてしまいます。自分からは見えない場所ですが、常にキレイにしておきたい「うなじ」のスキンケアについてご紹介します。

日々のスキンケアと気をつけたいポイント

毎日の保湿

うなじも顔や身体のほかの部分と同じく、化粧水や美容液などで毎日保湿を心がけましょう。皮膚は乾燥するとバリア機能が失われ、肌トラブルに見舞われることが多くなります。

うなじ部分は汗でべたつきやすいため、さっぱりしたタイプの化粧水や美容液を選ぶのがベターです。

ニキビをつくらせない!

うなじにニキビや吹き出物ができるととても目立ってしまいますが、髪の毛や衣服、マフラーなどが触れていることが多く、ニキビの原因となる雑菌が繁殖しやすい場所です。

できるだけ、うなじに触れるものは常時清潔にしておきましょう。シャンプーやボディソープなどのすすぎ残しも、うなじの毛穴を詰まらせ、ニキビや吹き出物の原因となるので、丁寧にすすぐようにして下さいね。

日焼けに注意

忘れられがちですが、うなじは紫外線を浴びやすい場所です。外出する時は帽子や衣服、ストールなどでうなじを守るようにしたり、日焼け止めを塗るなどして紫外線対策をしっかりしましょう。

脱毛でつるつる肌をキープ

キレイなうなじを保つために、脱毛は必須です。意外と毛をそのままにしている女性が多く、うなじの毛がびっしり背中の方までつながっている人や、近くで見てみるとうぶ毛がモッサリ…なんていう人も。

たまたま目につくとギョッとしてしまい、目のやり場に困ってしまいますよね。ほかの部分は完璧にキレイにしていても、うなじの毛が目立つようでは清潔感もなく、美しくありません。

うなじの脱毛はプロの手を借りる

うなじは自分では見えにくく、首のカーブも人それぞれなのでカミソリなどが使いにくい場所で、なかなか自己処理は難しいです。そのため、うなじの毛の処理はエステやサロン脱毛など、プロの力を借りた方がキレイになります。

最近ではうなじのような狭いパーツは数千円で気軽に施術を受けられることが多いので、一度検討してみてはいかがでしょうか。うなじがキレイだと、ショートヘアや短いボブなど、うなじが見えるヘアスタイルにも自信をもって挑戦できますし、いつでもためらわずにアップヘアを楽しめます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す