眉間のシワはイメージダウン!日々のクセを見直して眉間のシワをなくそう

miken-shiwa

眉間にシワがあるとそれだけで怒り顔に見えたり、不機嫌かと思われてしまい、イメージダウンにつながります。もし目に力を入れたときにうっすらと眉間にシワが浮き出る人は要注意です!眉間のシワは若い人でも一度はっきり刻まれてしまうとなかなか改善することができないからです。そうなる前に、日々のクセを見直して眉間のシワをなくしていきましょう。

眉間のシワの原因はこうしてできる

目に力を入れると眉間にシワができる?

眉間にシワができる、一番の原因は表情です。普段から眉間に力を入れた表情をしていると、眉間のシワがどんどん深く刻まれていきます。眉間のシワというと、怒ったり、不機嫌な表情をしているからかと思われがちですが、一番多いのは目に力を入れることによるものです。

視力が悪くて見えにくいとき、目が疲れているときなど、無意識に目に力を入れてしまうことはありませんか?筆者にも経験がありますが、ピントを合わせるために目に力をいれてしまうんですよね。また、コンタクトレンズなどを入れているとき、目が乾燥すると目をグっと閉じるようにしてしまう動作も、眉間にシワをつくってしまいます。

乾燥・コラーゲン不足

このように、眉間にシワをよせるような表情をしていても、肌に弾力があればすぐにシワが深く刻まれることはありません。しかし、肌の弾力を保つコラーゲンが不足していたり、肌が乾燥していたりすると、表情によってシワが刻まれやすくなります。

眉間のシワをなくそう

こまめな表情チェックと目のケア

眉間のシワの大きな原因である、表情。眉間にシワがある方やシワができつつあるという方は、日常的に眉間や目に力が入っていることが多いので、力を抜くよう意識してください。慣れるまでは鏡でこまめに表情をチェックして、眉間や目に力を入れる癖のある方は表情を緩めるようにしましょう。

また、見えにくいことが原因で目に力が入るという方は、メガネやコンタクトレンズの度を合わせたり、目の疲れや乾燥予防に目薬を変えたりマメに目を休ませるようにするなど、目に力が入る原因を根本から解決していってもいいですね。

保湿を心がけ、コラーゲン不足を解消

先述したように、眉間のシワ予防には保湿とコラーゲン不足の解消が欠かせません。スペアリブや魚のにこごりなど、コラーゲンをよく含んだ食材を積極的に摂ったり、普段は化粧水だけで顔の保湿を終えるかたも、眉間部分にだけは油分のあるクリームを塗り込むなど、しっかり保湿してくださいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す