バストアップの近道!まずはおっぱいのしくみを知ろう

a57fc6bfe233ffa7ef70904d126aea28_s

女性にとって大切な器官であるおっぱい。
女性らしさを象徴するためだけでなく、妊娠後の授乳などでも重要な役割を果たしており、その大きさや形は人それぞれ違います。

そのため、大きさや形によってはおっぱいがコンプレックスになってしまうことも。特にバストサイズは見た目からもわかってしまうため、「自分のおっぱいって小さいかも」と悩んでいる女性はたくさんいます。

女性でいる以上、みんなから憧れられるおっぱいでいたいですよね。バストアップのために、まずはおっぱいのしくみをきちんと知ることから始めましょう。

おっぱいの構成を知ろう

20161005_145913
引用:http://na-no-ka-shop.net/product-buy-form/michibiki

おっぱいは90%の脂肪と10%の乳腺と呼ばれる器官からできています。
乳腺は、おっぱいを触ってグリグリする部分のことで、母乳を作る大切な器官であるとともに、実はバストアップに重要な役割を果たしている器官でもあるのです。

おっぱいの大きさは乳腺の量によって決まるといわれています。おっぱいの大半を構成する脂肪は乳腺の周りについているので、乳腺が発達することで脂肪も一緒に増えていくという仕組みなのです。

バストアップのために乳腺が重要なことはわかりましたが、ではその乳腺はどうやったら大きくなるのでしょうか?
乳腺の発達には「エストロゲン」と「プロゲステロン」と呼ばれる2種類の女性ホルモンが関係しています。これらの女性ホルモンは、女性が妊娠・出産できる身体を作るために、卵巣で生成されるものです。

特にエストロゲンは女性らしい身体を作るためにとても大切で、エストロゲンの分泌が多い女性はおっぱいが大きくなるといわれています。
つまりエストロゲンを増やすことによって乳腺が発達し、同時に脂肪もついておっぱいが大きくなるというわけです。

おっぱいを支えるクーパー靭帯

もう一つバストアップに重要な役割を果たすものに「クーパー靭帯」があります。
クーパー靭帯は、おっぱいを支える役割をもつケーブルのようなものです。コラーゲン繊維が束になってできており、その束が伸びたり切れたりすると、おっぱいが垂れてしまう原因になります。

美乳をつくるためにも必要なクーパー靭帯ですが、気をつけたいのが「一度伸びたり切れたりしてしまうと二度ともとに戻らない」ということです。激しい運動やブラジャーを長時間着けないことによって、すぐに伸びたり切れたりしてしまうので日頃から意識しておくことが大切だといえますね。

 

いかがでしたか?
おっぱいは皆さんが思う以上に繊細な器官です。綺麗なおっぱいをつくるために、まずはしっかりとおっぱいのしくみを理解し、正しいバストアップ方法を実践するようにしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す