左右の胸の大きさ・バストサイズが違う原因と矯正方法

bra-1659570_1920

大きさや形、触り心地など、おっぱいの悩みは人それぞれですが、左右でおっぱいの大きさが違うことが悩みという人も多いのではないでしょうか?実は、おっぱいの大きさが左右全く同じという人のほうが少なく、ほとんどの人はおっぱいのサイズは左右で違うものです。左右のおっぱいの大きさを合わせるにはどうすればよいのか、日ごろから気をつけていきたいことなどをご紹介します。

どうして左右でおっぱいの大きさは違うのか?

理由1.筋肉のつき方

人には利き手があり、右利きの人は自然に右側の筋肉がつきますし、左利きの人は左側の筋肉がつきやすいです。おっぱいのお肉を支える筋肉が厚くなるとその分バストサイズがアップするので、右利きの人は右側のおっぱいが大きいことが多いです。そのほかにもスポーツなどで左右の筋力に偏りが生じるとその分左右のバストサイズの違いが大きくなります。

理由2.身体の歪み

悪い姿勢は身体の歪みを引き起こします。身体が歪むとその分左右どちらかの血流が悪くなり、血流が悪い方のおっぱいはサイズが小さくなることが多いです。それは血流が悪いとリンパの流れも滞り、バストアップに必要なホルモンや栄養分がスムーズにおっぱいに運ばれなくなるためです。

左右のおっぱいの大きさの差をなくすためにできること

無意識に行っている動作や姿勢など、身体の癖に気付き、矯正することで左右の筋肉のつき方や身体の歪みを改善することができます。

解決法1.筋トレ、歪みの改善

まず、右利きの人はなるべく左手を使って左側の筋力をつけるよう心掛けましょう(左利きの人はその逆)。仕事やスポーツなどで一方ばかり使う動作を行っている場合、意識的に使っていない方の筋トレを行いましょう。そのほかにも、簡単にできることはいくつかありますが、歯磨きを利き手ではない方の手で毎日朝夜行うだけで利き手ではない方の筋力をつけることができます。

また、身体の歪みを矯正するため、習慣化されている姿勢や動作を正しましょう。

解決法2.身体が歪みやすい習慣を見直す

・いつも同じ方(左もしくは右)を下にして寝ている
・いつも同じ方の肩にバッグをかけている
・猫背である
・足を組む癖がある
・ヒールの高い靴を履いていることが多い
・反り腰である

これらに当てはまると思った方は身体が歪んでいる可能性が高く、身体の歪みが左右のバストサイズが違う理由であるかもしれません。
生活習慣を改め、歪みを誘発する姿勢や動作をしないように注意するだけで身体の歪みは改善されます。
歪み解消のためのマッサージやエクササイズを取り入れてもいいですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)