たるんだ膝をなんとかしたい!若々しい膝を保つ方法

knee-youthful

ご自身の足の膝(ひざ)ちゃんと見てますか?「久しぶりに意識してひざを見てみたら、なんかだるっとたるんでいた…」なんてこともよくあるひざは、脚全体の印象をよくも悪くもしてくれる、とっても大切なパーツです。ひざがたるむと脚が太く見えてしまうだけでなく、老けた感じを与えてしまうことも。今回は、日々の生活に簡単に取り入れられる、ひざのたるみをなくして若々しいひざを保つ方法についてご紹介します。

こんな人のひざがたるみやすい!

生活習慣を見直して!

ひざのたるみは余分なぜい肉やむくみ、筋力低下などによって引き起こされますので、ひざがたるみやすい人には以下のような共通点があります。

①運動不足
②デスクワークで一日の大半を座って過ごす
③むくみ体質

運動不足によって筋力が落ちると、ひざにしまりがなくなるだけでなく、そこに脂肪がついていきます。筋肉が落ちてひざの上にぜい肉がつき、重力によってその肉が垂れ下がるため、ひざがたるみやすくなります。

あわせて、デスクワークで一日の大半を座り姿勢で過ごす方や、むくみ体質の方もひざがたるみやすいです。人の身体は血やリンパ・水分が全身を流れており、その流れに乗って必要な酸素や栄養素が体全体に運ばれますが、体の老廃物もこの流れに乗って体外に排出されます。

しかし、脚の先から上半身に向かってその流れを押しあげられるだけの筋力がなかったり、デスクワークなどで常に脚を下にしたまま同じ姿勢をとり続けるとそれらの流れが滞り、脚に水分や老廃物が溜まってしまい、むくみやセルライトの原因となるのです。

たるみのない若々しいひざになるために

ひざのたるみをなくすエクササイズ

ひざのたるみの大きな原因である、筋力低下を改善するために、毎日少しでもいいいので簡単なエクササイズを続けましょう。ひざ上の筋肉を動かすエクササイズが特にオススメです。

①一歩踏み出し運動

足を揃えて真っすぐ立ちます。手は腰に当てましょう。そこから片足を大きく一歩、前に踏み出して膝を曲げて3秒キープしたら元の位置に戻ります。反対側も同じように。計20回×3セット

②ごろごろ寝っ転がり足上げ運動

床にごろんと寝転がります。足は真っすぐ伸ばしましょう。手は自然に横に置きます。息を吐きながら片足を直角にゆっくりと上げます。反対側も同じように。計20回×3セット

簡単なマッサージを取り入れよう!

手をグーにして指の第二関節のところで行います。力は入れ過ぎず、痛気持ちいいくらいをキープしましょう。オイルやボディクリームを使用すればより滑りがよくなります。
①足裏→くるぶし→ふくらはぎまでをマッサージ。
②優しくひざの周りをなぞるようにしたら、リンパの集まるひざ裏はより念入りにマッサージしましょう。
③たるみの原因であるひざ上をゴリゴリとマッサージし、そのまま太ももの付け根までなで上げます。
④ ③を何度か繰り返し、太もも裏もよくマッサージしたら、足の付け根をを優しくほぐし、リンパを流します。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す