なかなか落ちにくい腰のお肉をなくす超簡単な方法

hip-flab

腰につくお肉、気になりませんか?まるで「浮き輪」のように腰につくぜい肉は、パンツの上に肉が乗る、後ろ姿がオバさん化するなど、悲しいことだらけ。薄着の季節は特に気になる腰のお肉は、ちょっと太るとすぐにつくのにダイエットをしてもなかなか落ちにくい、なんとも憎たらしい部分でもあります。今回は、そんな腰のお肉をなくする方法について解説していきます。

とっても落ちにくい腰のお肉

腰のお肉は最後に落ちる?

手足が細くても腰にたっぷりとした浮き輪がついている方や、ダイエットをしてもなかなか取れないという方が多い腰のお肉。どうして腰のお肉はつきやすく落ちにくいのでしょうか。それは、普通に生活していても腰自体を動かす動作が少なく、筋力が衰えやすいことがひとつの原因です。

筋力が衰えるとそこに脂肪がつくだけでなく、血行が悪くなり、冷えやすくもなるためです。冷えは脂肪燃焼の妨げとなるため、一度ついたお肉がそのまま蓄積され、どんどん落ちにくくなってしまうのです。また、女性の体は妊娠・出産のために腰回りを守ろうとするため、もともと腰回りにお肉がつきやすいです。

腰の浮き輪は卒業!腰のお肉をとる方法

とにかく腰を動かそう!

普通の生活を送っていると、腰を動かす動作が少ないことに気がつきます。腰を動かすことが少ないことも、腰のお肉がつきやすい原因のひとつですから、腰を動かすだけでも、腰肉は落ちやすくなります。でも、腰を動かすといってもどう動かしていのかわかりませんよね。実は、とっても簡単な方法があるのです。

<フラフープをする>
その昔、フラフープで遊んだことがあるという方もいらっしゃるかと思います。あの、腰をくねくね前後に動かす動作は腰のお肉をなくすのに、とっても効果があるんです。最近も、セレブや芸能人の間で「フラフープダイエット」が流行り、トレーニングに取り入れている人も多いとか。

より美容効果を高めるために、フラフープに凹凸をつけた、マッサージ効果のあるものも売られています。もし手元にフラフープがないという方も、フラフープをしているつもりの「エアフラフープ」でもいいので、時間が空いたときにでもちょこちょこ腰を動かしてみましょう。

ほかにもこんなことに気をつけて!

フラフープなどで腰を意識的に動かすこと以外にも、普段の生活から気をつけられることがあります。それは、姿勢です。姿勢が悪くなり、骨盤が歪むと血行が悪くなり、脂肪がつく原因となります。

猫背や反り腰、重心を片側だけに置くなどの癖がある方はすぐに止めましょう。足を組むことも歪みの原因ですので、足は組まないようにしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す