身体が冷えるとバストが小さくなる!?バストアップに冷えは大敵!

()

多くの女性が悩んでいる冷え性。気温の低い冬に限らず、夏でも手足だけが冷たいなど部分的に冷えを感じる症状です。冷え性は身体にさまざまな影響をもたらす原因ともされていますが、実はバストアップにも影響があることを知っているでしょうか?

今回は冷えとバストの関係についてご紹介します。

身体が冷えるとバストが小さくなる

女性は男性よりも熱を生成する筋肉量が少ないことから身体が冷えやすいといわれています。とくに寒いわけでもないのに、自分のバスト周辺を触ってみると冷たくなっているということはありませんか?

バストがひんやりと冷えてしまっているときは、身体の冷えによって血流が悪くなり、バストの血行不良が起こっているかもしれません。バスト周辺の血行不良が起こっていると、成長に必要な栄養分が十分にバストに行きわたらず、結果バストサイズが小さくなる原因にもなってしまうのです。

また身体が冷えてしまうことで、人間にとって大切な自律神経が乱れてしまいます。自律神経が乱れてしまうと、バストアップにかかせない女性ホルモンの分泌が少なくなり、乳腺が発達しなくなってしまうのです。
結果、バストの成長が止まってしまう他、下手をするとバストアップ対策をしているにもかかわらず、バストサイズがどんどん下がってしまうこともあります。

おっぱいを冷えから守るには?

バストが冷えないようにするためには、身体を芯から温める必要があります。

効果がある方法として、しっかりと入浴を行うと良いでしょう。普段忙しいとお風呂タイムというのはシャワーだけで済ましてしまいがちですが、そんなときこそしっかりと湯船につかることで疲れもとれ、身体をしっかりと温めることができます。

その他にも食べ物による対策をとるのもよいでしょう。ショウガやにんにくなど身体を温める効果のある食材を積極的に摂取することで、身体を冷えから守ることができます。
バストアップに効果のある豆乳を温めて飲むのも、バストアップに加え、冷え対策を行うこともでき、一石二鳥の効果があるでしょう。

冷えから守ってくれるナイトブラ

ナイトブラを着用するのも、バストを冷えから守るために効果的です。寝るときに着るパジャマなどは比較的生地が薄いつくりになっているため、バストになにも着けずに寝てしまうと、一気にバスト周辺が冷えてしまいます。
ナイトブラを着用することで、外的な冷えから守ることができる効果がある他、血行をよくしてくれる作用が働くため、バストの冷えを防ぎつつもバストアップをしてくれるのです。

 

日頃からバストアップのために試行錯誤していても、身体が冷えているとすべて台無しになってしまうこともあります。
身体の状態というのは日々変化するものですので、気が付いたときにバスト周辺を触って、冷えていないか確かめるようにすると良いでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)