バストサイズをキープしながらダイエットを成功させる方法

bust-keep-diet

頑張ってダイエットした結果、胸がみるみる小さくなっていく…なんて悲しい経験をしたことはありませんか?細くなるだけのダイエットは理想じゃありません。バストサイズをキープしつつ痩せる方法を探っていきましょう。

バストサイズを下げずに痩せる方法1:運動用のブラでしっかり胸を保護する

ダイエットに運動は欠かせません。運動中のバストの揺れに要注意です。運動器具で、筋肉や脂肪を揺らしてカロリー消費率を高めるようなものもありますよね。それと同じことがバストでも起こります。

バストの9割は脂肪で出来ているので、運動時に揺れるほどにバストの脂肪燃焼率がアップしてしまうんです!激しい運動を避けたり、スポーツ専用ブラをしっかりつけて、バストを揺れから守って行きましょう。

バストサイズを下げずに痩せる方法2:食事制限は逆効果?!食事内容を見直そう

一番手っ取り早いダイエット方法として、食事制限が挙げられます。実はバストサイズを下げる、危険なダイエット方法なんです。体が栄養不足状態になれば、体は何とかしてエネルギーをかき集めようとします。そこで、一番体にとって不要な胸の脂肪がエネルギー源として使用されるんですね。

さらに、たんぱく質の不足に注意しましょう。バストの土台には大胸筋・小胸筋など、バストを持ち上げて中央にグッと寄せる働きをする筋肉があります。お肉・卵・魚などの筋肉を形成するに欠かせないたんぱく質が不足すると、筋肉が衰えていき、ハリのない貧バストになってしまいます。

無理な食事制限はせずに、綺麗に痩せたいからこそバランスのよい、たんぱく質に富んだ食事を心掛けてみてくださいね。

バストサイズを下げずに痩せる方法3:胸の筋肉を鍛えよう

先に少し触れましたが、バストアップに欠かせない筋肉として大胸筋・小胸筋が挙げられます。大胸筋は胸を持ち上げるに欠かせない筋肉。小胸筋は離れ胸を予防する、中央にグッとバストを引っ張る筋肉です。

また、バストアップに欠かせないホルモンや栄養素は、小胸筋の収縮活動に合わせてバストに送られています。だからこそ、胸の筋肉をアクティブな状態に保つことが大切です。

ダイエットの際には、ランニングやクロスフィット、エアロビなどの全身の脂肪燃焼をサポートする有酸素運動に加えて、腕立てなどの胸元の筋肉を鍛える筋トレを加えてみて下さい。バストサイズをキープしつつ、全身痩せを効率よく行うことができます。

胸の筋肉を鍛えるのにピッタリの動画を幾つかご紹介します。ぜひ、役立ててみて下さい。
参考動画
https://youtu.be/5pNOXyh1g5I
https://youtu.be/SPPVurdOfbg

SNSでもご購読できます。

コメントを残す