バストアップにも効果あり!正しい補正下着の着用方法

sports-bra-274947_1920

みなさんは補正下着を着用したことはあるでしょうか?補正下着というと、太っている人がダイエットのために着用したり、40代くらいから体型維持のために着用を始めるといったイメージが強いものですが、最近ではバストアップのために着用するという人も増えてきています。

とはいえ、締め付けられて苦しそう、なんだかおばさんくさいというような声も。今回はバストアップのために補正下着を着けるメリットと注意点をご紹介します。

補正下着は苦しくない!

補正下着というとお腹や背中の脂肪を無理やり補正するというイメージが強いことから、身体全体を締め付けるアイテムだと思われがちです。 確かに昔の補正下着というのは、無理やり体型を補正するという目的で締め付けの強い製品が多く存在していました。それによって実際に身体に影響があったという声もあるほどです。

しかし、近年では若い子でも将来的な体型維持のために着用できるような、比較的締め付けが緩く、身体の負担にならないものが一般的になってきています。

補正下着の役割と注意点

me_biz20160902385615_tp_v
先にも述べたように補正下着の役割は、脂肪の特性を活かして身体のメリハリをつけるというところにあります。お腹や背中などの脂肪をバストに集めることで、バストアップできる上にウエストにくびれができて女性らしい身体を作り出すことができるわけです。

ただし補正下着を着用する上で気を付けたいことは、必ず自分の身体に合ったものを着用するということです。よくありがちなのが、効果をより高めようと自分のサイズよりもきついサイズを着用してしまうこと。人間の身体には血液やリンパが常に巡回しているものですので、必要以上に締め付けてしまうと最悪の場合、身体に障害が起こってしまうこともあります。
またきついサイズのものを日常の中で着用していると、摩擦によって皮膚が黒ずんでしまうことも。締め付けた部分が跡になってもとに戻らないなんてことも起こり得ますので気をつけましょう。

補正下着を使ってのバストアップは、身体にメリハリを作るために一石二鳥の方法ですが、正しい着け方をしないとバストサイズが下がってしまうこともあります。
補正下着の本来の目的は、流動性の高い脂肪を必要なところにかき集めることで、身体にメリハリをつけることですので、着用の仕方によってはバストの形が崩れてしまいかねません。
補正下着を着用する際は、必ず実際にフィッティングを行って自分に合ったサイズのものを選び、また正しい着用方法を守るようにしましょう。
それによってバストアップだけでなく、ウエストもキュッとしまったメリハリのある身体を作ることができるはずですよ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)