あなたのスキンケア間違ってない?身体の乾燥を解消する正しいスキンケア

body-drying

秋冬など空気が乾燥する季節になると引き起こされる乾燥肌。かゆみや赤みを伴うだけでなく、気が付いたら全身から粉をふいている!なんて人もいるのではないでしょうか?

そうであるにも関わらず、顔のスキンケアは入念に行っているのに、ボディの乾燥対策は全然行っていないなんて人も少なくないんです。また間違ったスキンケアが逆に乾燥肌を悪化させる原因にも…。

今回は正しい乾燥肌対策についてご紹介します。

乾燥肌を防ぐスキンケアのポイント

①正しい「保湿」を知る

乾燥肌には肌の保湿が必要不可欠。しかし保湿について理解している人は意外と少ないのです。保湿とは「水分」+「油分」の両方が備わった状態を指します。つまり、化粧水のみや乳液のみといったスキンケアでは片方しか補給できず、逆に乾燥肌を悪化させる原因になってしまうこともあるのです。

ボディについてもそれは同じ。ボディの乾燥対策としてボディクリームをたっぷり塗っている人も多いと思いますが、完璧に乾燥を防ぐためには、クリームの前に化粧水などで水分を補給させてあげると良いでしょう。

最近ではボディにもたっぷり使える比較的価格の安い化粧水も販売されています。乾燥肌を防ぐためにはケチらずボディにもしっかりと化粧水を塗ってあげるようにしましょう。

②時間が勝負!お風呂上りは早急に保湿せよ

ボディへの乾燥対策として入浴後にスキンケアをしてあげる人は多いのではないでしょうか。実は乾燥肌を防ぐか悪化させるかというのは、お風呂上りからスキンケアが完了するまでの時間にかかっているのです。

入浴後というのは通常よりも肌の水分が非常に蒸発しやすく、乾燥肌を起こしやすい状態になっています。そのため入浴後、時間が経ったあとにスキンケアを行っても、もう手遅れという場合も。

お風呂上りからスキンケアまでの理想の時間はなんと5分以内ともいわれています。身体を乾燥させないためにもお風呂に入った後は、なるべく早くスキンケアを行うようにしましょう。

まとめ

乾燥肌というのはスキンケア次第でしっかりと予防、改善することができます。秋冬といった乾燥しやすい季節、嫌な乾燥肌にならないようにするためには、顔と同じくらい身体のスキンケアにも気を配ってあげる必要があるのです。

なかなか乾燥肌が改善されない、毎年乾燥肌を引き起こしてしまうという人は、間違ったスキンケアを行っていないか、あらためて確認してみると良いかもしれませんね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)