【お風呂で胸を大きく】入浴が影響するバストアップ効果とは

sauna-1405973_1280

皆さんはお風呂派?それともシャワー派?最近は手軽に済ませられるシャワー派の人が増えているようですが、実はお風呂派になることが、バストアップへの近道のようです。身体を洗うだけでなく、湯船に浸かって身体を温める「入浴」はどのようにバストアップに影響しているのでしょうか?今回は、入浴がバストサイズに与える効果について説明していきます。

入浴がバストアップに良い理由

血行改善

適温のお湯に浸かる「入浴」は全身を温め、血行不良を改善してくれます。血行が良くなることで血液だけでなくリンパの流れもスムーズになり、バストアップに必要な乳腺の成長を促す女性ホルモンや成長ホルモン、そのほかの栄養がおっぱいに行き届きやすくなります。
また、発汗作用があり全身の毛穴から老廃物の排出を助けるため、ダイエットや美肌効果があり、特に美容に気をつかう女性にとっても入浴はとてもオススメです。

リラックス効果

湯船にゆっくりと浸かることで、身体が温められたり浮力により身体の負担が減り、蓄積された疲労が回復し全身のリラックス効果が期待できます。そしてリラックスすることによりストレスが緩和され、バストアップに欠かせない女性ホルモンの分泌が整います。さらに、身体がぽかぽかするとぐっすり眠ることができ、女性ホルモンや成長ホルモンの分泌が活発になるので就寝前の入浴もバストアップに効果的です。
ただし、熱すぎるお湯は心臓に負担をかけ、身体を興奮状態にして寝られなくなります。また、熱いお湯はたんぱく質を壊し、皮膚の乾燥を引き起こすことがあるので、大体38度~40度を目安に入浴しましょう。

入浴時にできるバストアップマッサージ

入浴時の身体が温まりやすい環境でバストアップマッサージを行うと、血流やリンパの流れが格段に良くなるのでよりバストアップに有効です。

マッサージ方法

①鎖骨の上をなぞるようにして中心から肩に向かってリンパを流すようにマッサージする。
②脇の周辺をほぐすようにマッサージする。
③おっぱいの丸みに沿って外から内になでるようにマッサージする。反対の手で行うとやりやすい。
④おっぱいの下から上になで上げるようにしてマッサージする。両手で片方ずつ行う。

マッサージのポイント

マッサージをする時にオイルを使うと滑りがよくなりマッサージしやすくなります。その際、女性ホルモンに働きかけリラックス効果のあるイランイランやネロリ、ゼラニウムなどのアロマオイルを足すとより効果的です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す