夏が来る前に!背中のニキビの撃退法

back-acne

背中がキレイな女性って素敵ですよね。キレイな背中になると、背中が大きく開いた服や水着、結婚式のドレスやワンピースなどを自信をもって着ることができます。

でも、背中はニキビができやすい場所でもあり、広い背中にポツっとできるニキビは目立ちやすく、清潔感も半減してしまうので、自信をもって背中を露出できなくなってしまうことも。今回は背中のニキビはどうしてできるのか、そのケア方法についてご紹介します。

背中はニキビができやすい

ニキビはホルモンバランスの乱れや生活習慣、ストレスなどにより皮脂が過剰に分泌され、毛穴に皮脂や角質が詰まってできるのですが、背中は顔のTゾーンと同様に皮脂腺が集まる場所であるため、実は背中は顔を含めた身体.全体の中で、もっともニキビができやすい場所です。

ほかにも、乾燥すると肌を守ろうとして皮脂の分泌が促進されるので、乾燥がニキビの原因となることもあります。また、常に下着や衣服により摩擦が生じて肌が刺激を受けることや、清潔でない下着や衣服から背中についた雑菌が繁殖してニキビの原因となることも多いです。

背中のニキビ対策

ニキビは刺激するとより悪化し、治りが遅くなります。しかし、肌を清潔に保たなければニキビが炎症を起こすことも。そのため、背中を洗うときは顔を洗うときと同じく、ボディソープをよく泡立ててできるだけ手で洗います。手が届かなくても硬いタオルでゴシゴシ洗うのではなく、刺激の少ない柔らかめのタオルやブラシを使用しましょう。

清潔な状態を保ち、ニキビは絶対潰さない

もし、背中にできたニキビが潰れたり、化膿するなどして跡が残るとそれをなくすことはなかなか難しくなります。跡を残さないためにも、絶対に手でひっかいたり、ニキビを潰したりしてはいけません!

背中の清潔感を保ったら、次に保湿をします。ニキビ部分は皮脂が過多になっている状態ですので、ニキビ対策用のさっぱりしたタイプのものや、オイルフリータイプの化粧水が最適です。皮脂の過剰分泌をセーブする作用のあるビタミンCの効果が期待できるビタミンC誘導体が含まれた化粧水もオススメです。

背中ニキビを予防するために

一度ニキビができてしまうとなかなかすぐには治りません。ケアもしにくい場所ですので、なるべくならニキビをつくらないように努力をしましょう。

・常に保湿を意識し背中の清潔を保つこと
・ニキビができやすい生活習慣を改めること
・シャンプーやボディソープのすすぎ残しをしない

この3点に気をつけると何もしていない時に比べてニキビの発生を減らすことができます。特に、背中のニキビで悩む方はシャンプーの成分が背中に残らないよう、洗髪を終えてから背中を洗うようにするといいでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)