タイミングを間違えると逆効果!副作用も…バストアップ成分の摂取タイミング

bustup-intake-timing

沢山のバストアップサプリが販売されていますが、嬉しい口コミがある一方で、副作用が出たり、効果が全く感じられないなどの口コミも多いです。「月経周期に合わせて」・「適切なサプリやバストアップ成分を」・「最適なタイミング」で摂取することが効果を実感する近道です!正しい摂取タイミングをご紹介します。

月経周期に合わせて摂取しないと、副作用に繋がるかも…?!

バストアップサプリのほとんどが、1か月分の分量です。なので、「1か月毎日飲めばよいのね」と思ってしまいますよね。これこそが、副作用を招く原因になります。そのメカニズムはこうです。

まず、バストアップに働く女性ホルモンとして「エストロゲン」と「プロゲステロン」が有名ですよね。1か月同じホルモンバランスを保つことはなく、月経周期によって、2種の女性ホルモンのバランスは変化します。

バストアップしやすい生理後半~排卵期までの1週間位(卵胞期)にはエストロゲン>プロゲステロン、排卵日から生理直前(黄体期)にはプロゲステロン>エストロゲンという具合です。

プエラリアや大豆イソフラボンなどのバストアップ成分は、エストロゲンと似た働きをするので、卵胞期に摂取すれば相乗効果を見込めます。ですが、プロゲステロンが優勢になるはずの黄体期に摂取するとどうでしょう…。

正常なホルモンバランスを崩してしまい、体調を崩すなど副作用が強く出てしまうんです。

月経周期に合ったバストアップサプリを摂取しよう

効率的で体に優しいバストアップを図るには、月経周期に合わせてバストアップ成分を摂取することが大切です。エストロゲンを活性化するバストアップ成分(プエラリア・イソフラボン)は卵胞期に限定して摂取し、卵体期には女性ホルモンと似た働きをしたり、ホルモン分泌量を活性化するような成分を配合したサプリは控えましょう。

以下のように、サプリを組み合わせて摂取する方法がおすすめです。また、ほとんどのサプリでは生理中の摂取を避けるように推奨しています。生理中はホルモンバランスの上下が激しく、体調不良を起こしやすい時期だからです。体の安全を考えて、生理中のサプリ・バストアップ成分の摂取は控えたいですね。

卵胞期にピッタリのサプリ
ベルタプエラリア、ピュアプエラリア、レディーズプエラリア99%など、プエラリア配合量が多い品

黄体期にピッタリのサプリ
ピンキープラス、グラマーなどのプエラリア非配合の品

バストアップ成分の摂取タイミング

具体的にいつ飲むべきという決まりはありません。ですが、体への吸収率を高め、効果を最大限に出したいならば、「就寝前」が一押しです。就寝時には体の修復がされるとともに、ホルモン分泌も活発になるので相乗効果を期待できます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)