バストの位置がキレイを決める!小さい胸でも美バストになる方法

bust-position

大きいバストだけが理想ではありません。「バストが小さいから、魅力的な胸は手に入らない」と諦めている貴方。「バストの位置」を改善して小さくても魅力的で女性らしいバストを手に入れてみませんか?バスト位置が大切な理由と、改善方法をご紹介します。

男性が魅力を感じるのは「大きさ」よりも「バストの位置」?!

マイナビウーマン調べによると、「形はキレイだけど小胸」VS「大きいけど形がイマイチな胸」、約7割の男性が選んだのは…。「形のキレイな小胸」でした!形>大きさが大切なので、大きい胸にそれほど魅力を感じないという男性も多いようです。

つまりバストが小さくても、形が整っていて体とのバランスが良ければ十分に魅力的に写るというワケです。男性からみてバストが整った小胸が魅力的に写るだけではありません。こんな嬉しい特典まで付いてきます。

・バストの位置が高くなると、お腹が引っ込んで見えるので、引き締まった体に見える。
・若々しく見える。(舞台役者や女優さんは役作りで不幸な役や、中高年女性を演技をする際にバストの位置を下にするんだそうです)

貴方のバストの位置は大丈夫?セルフチェックしてみよう

きれいに見えるバストの位置をチェックしてみましょう。バストトップの位置が肩と肘の中間にきて、さらに左右のバストトップと鎖骨を結んだ時に、正三角形になるバストが理想です。「基準よりも下がっている…」「正三角形にならない…」そんな方は、改善方法を読み進めて下さいね。

小胸でも美バストを作る「バスト位置」の改善方法

ちょっとした心がけと、ほんの少しの努力で叶える、バストの位置をキレイに整える方法をご紹介します。

改善方法1:適切なブラをつける

メーカーによって同じサイズ表記でもブラのサイズが違います。必ず購入前にフィッティングし、動いた時にずれないか、理想の正三角形の形をキープ出来ているのかしっかり見極めましょう。

改善方法2:筋トレで大胸筋を鍛える

バストの土台となる筋肉を鍛えることで、バストをグッと持ち上げ、ハリのある胸を目指すことが出来ます。合掌ポーズや腕立て、プッシュアップなどのエクササイズを取り入れてみましょう。

改善方法3:お肉の位置を正しく戻すマッサージ

お肉がワキに流れている場合、脇腹から胸の内側に向けて優しくマッサージしましょう。下に垂れている場合は、両手をクロスさせて下から上に胸を優しくさすり上げます。

改善方法4:ナイトブラ・スポーツブラ・育乳ブラを使い分ける

日中、夜、スポーツをする時では、バストにかかる衝撃の種類が違います。シーンに応じてブラを使い分けて行きたいですね。特に就寝時には胸が横に垂れやすくなります。

これではせっかくマッサージで寄せて上げたお肉がまた下がる結果に。「ここが貴方の定位置よ」とバストの脂肪に覚え込ませるためにも、シーンごとの最適なブラで、バストの位置をキープして行きましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す