目指すはメリハリ体形!細く華奢な体×大きなバストを作る方法

attractive-form

細いのに、胸がしっかりあるメリハリボディ。女性の憧れですよね。雑誌で見るモデルやタレント、女優さんのような理想体型は手に入らないと思っていませんか?細い×しっかりバストの持ち主に共通するルールや、とっておきのエクササイズをご紹介します。

細いのに胸がある人の秘密は…体質?遺伝?

遺伝や体質も胸の大きさに関係していますが、遺伝・体質よりも成長期の生活環境が、細い体形×豊かなバストの形成に関わっていると考えられています。

小さいころからしっかりバランスの良い食事を摂り、睡眠を十分にとってきた子ほど、ホルモン分泌も活発になりバストが成長する傾向にあります。

諦めないで!○○を活性化させて、大人になっても細い×しっかりバストを叶える!

「もう大人だからバストアップしないのか…」というと、そういうワケでもありません。成長ホルモンに反応してバストを大きくする「ラクトゲン受容体」は10代の頃に乳腺にできますが、人によっては20、30代で形成されることも。

無理なダイエットを成長期の段階で始めたり、長年にわたる厳しいダイエットを続けてはいませんか?これでは宝の持ち腐れ状態です。栄養不足からラクトゲン受容体に成長ホルモンを届けられずにバストアップできない人も多いんです。

今からでも遅くありません。ラクトゲン受容体を活性化させるような環境を整えて、バストアップを目指しましょう。

ラクトゲン受容体を活性化させる生活習慣

私の周りに沢山いる細くても胸が大きい人の特徴を挙げてみると、次のような共通のルールがありました。
・しっかり栄養バランスを考えた食事を取っている
・食事制限など無理はしない、しっかり食事を摂る
・睡眠時間を7時間はとっている
・時間がある時にストレッチをして血行促進を図っている
・定期的にジムに通う、家でフィットネスをするなど、体を動かしている

細いのに大きなバストを叶えるおススメエクササイズ

ここでは、大胸筋を始め三角筋、上腕三頭筋なども鍛え、同時に血行促進を図るバストアップされた上半身作りに役立つ「チェストプレス」というエクササイズをご紹介します。日本語版で見つからず、英語バージョンですが、気を付ける点を抑えてもらえれば安全に行えます。

1:正しい姿勢に体を整え、仰向けになります。背骨がカーブし過ぎたりしていると、体を傷めたり効果が半減してしまうので要注意。 
エクササイズの基本姿勢が分からない…という方は、こちらの動画を参考にしてみてください。
https://youtu.be/9ELydFWbxPQ
2:バーベル(ペットボトルで代用可能)を両手に持ち、上に持ち上げた状態からスタートします。
3:腕をゆっくり「45度」を意識して、ゆっくりとおろしていきます。下した所で肩甲骨をしっかり寄せます。
4:3の状態から上にゆっくりとプッシュアップします。腕をしっかりと伸ばしきるのがポイントです。
4:しっかりと胸の筋肉の動きを感じながら、2~3を12回繰り返します×3セット
https://youtu.be/69uOj5XCuUw

何だか難しい…と感じる方は、まずは普通に直立した状態で腕を手前から引く→物を強く押すようなイメージで前にプッシュ→引く→の動作を繰り返してみて下さい。45度の位置に腕を開くことをお忘れなく!胸の筋肉の動きを感じられたら、ペットボトルを持ったり、仰向けバージョンで実践してみて下さいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す